発声練習はチューニング

発声練習は、チューニング。


前回・前々回と

詩吟発声法と題して書きました。

今回もその続き


発声練習がなぜ大切なのか?


楽器奏でる前には

必ずチューニングしますよね⁈


それと一緒


まず楽器触って、よろしく~ってご挨拶。

息ふ~って入れて、温める。

「調子はどうだい?」そうやって楽器を合わせていく。


これをしないで

いきなり楽器吹いても音…鳴りませんよね⁈

不協和音全開です!!


それと一緒🎵


発声練習は、身体のチューニング


発声練習しなかったら

不協和音どころか声が思うように出ません。


「今日もよろしく、調子はどうだい?」

私と私を合わせていく。


もちろん

『今日はあかん!!』

そんな日もあります。


それはそれ。

そんな日もある。


365日違って当たり前。


毎日違う私と私の身体ちゃん。

『今』の私に合わせる

これが、大切


ずれてるところを調節する。

でーっかい声で吹っ飛ばしたり。

ストレッチして、伸ばして緩めたり。

ひたすら低音響かせたり。


調整方法は人それぞれ


発声練習は、とっても大切

続けていけば

身体の調子・心の調子も分かってくる。


そうやって

身体が響かせてくれた声は

全然違うはずです


自分の声と

仲良くなりましょう(*^ω^*)从(*^∀^*)


すぐに出来るようにならなくても、

絶対分かる瞬間が来ますから。

諦めないで続けてみて下さいね。


自分とお話しするツールになります。


詩吟は

地声で吟うので

ただただ張り上げてしまえば

気持ちよく吟うどころか

すぐにどこかに

支障をきたしてしまいます。


それを無視して

ガンガン出すのではなく

ゆったり構えて

基本をしっかり

当たり前を意識して

体とお話ししながら

声を感じて

体全部を使って

響かせていきましょう。



まだまだありますが、それは追々。。。


特に詩吟やってなくても

日常の健康のために

美容のために

自分に意識を集中させるために

などなど

有効ポイントは、結構たくさんありますよ。


是非やってみて


さやの詩吟レッスン

お気軽にお問合せ下さい。

吟た音堂

吟詠と エネルギーヴォイスヒーリング

0コメント

  • 1000 / 1000